モダン仏壇 インテリア

MENU

優先すべきは宗派よりもインテリア?イマドキのモダン仏壇

宗派や形式を超えて、本当に大切なのは「先祖への感謝」「故人への想い」。

 

だから、仏壇選びはもっと自由で良いんです!

 

…そんな風潮から生まれたのがモダン仏壇。

 

ヨーロピアンなインテリアとも相性が良いので、置く場所を選ばないのが魅力的。

 

中には、シンプルなインテリアのアクセントとしても大活躍してくれるモダン仏壇も!

 

時代と共に、先祖供養の在り方も変わってきました。

 

とりわけ、そのメインステージである仏壇の形式はこんなにフレキシブルに!!

 

「インテリア」重視で仏壇を選ぶ時代!

最近は、和室のない物件も増えているようですね。

 

特に賃貸の場合は、お手入れの楽チンな洋室に人気が集中しているようです。

 

…となれば、昔ながらのアノ仏壇はちょっとインテリアにそぐわない。

 

明るくナチュラルな雰囲気のリビングに、なんとなく陰気な雰囲気を漂わせる仏壇が黒光りして鎮座している様子…想像しただけでも、なんだかちぐはぐです(泣)。

 

そこで注目されるようになったのが、モダン仏壇と呼ばれるインテリア重視の仏壇です。

 

洋風リビングの壁や床材にも違和感なくなじむ色調の材質を使用していますし、形も家具調になっているので外観だけは仏壇と気づかないレベル!

 

より「アート性」を追求?

インテリアになじむナチュラルテイストなデザインのモダン仏壇も多いですが、最近はより芸術性を追求した仏壇を目にする機会が増えてきました。

 

特に、扉のついていないオープンタイプのモダン仏壇の場合は、まるでモニュメントのような奇抜なデザインの商品も…!

 

こうなればもう、仏壇というよりはアート作品ですね(笑)。

 

しかし、考えてみれば仏壇自体が伝統工芸品なわけですから、アート性を追求するのは当然といえば当然なのかもしれません。

 

「百人百想」でこだわりの仏壇を見つけよう

Amazonや楽天市場などで見るような「フツー」の仏壇では物足りない!…という方は、「百人百想」というサイトをご覧ください。

 

他では見られないような変わり種のモダン仏壇に巡り合えるハズです。

 

例えば、A4画集サイズの『フォーエバーブラック』。

 

その名の通り、お気に入りの画集を飾るがごとくにインテリアのアクセントにして欲しい、これで空間を明るくして欲しいという想いが込められた仏壇です。

 

奥ゆかしい質感を醸し出すトラディッショナルな和仕上げ。

 

美しい木目が印象的です。

 

サイズは高さ30㎝×幅21㎝×奥行き30㎝でお値段は税込65,100円。

 

もっと気軽にレイアウトできるタイプとしては、文庫本サイズの『メモリアルホワイト』があります。

 

これも、名前の通りに文庫本感覚で飾れるというのがコンセプト。

 

サイズは高さ15㎝×幅10.5㎝×奥行き20㎝でお値段は税込24,150円です。

お仏壇の総合情報

スポンサーリンク