モダン仏壇 桜

MENU

日本人の心!桜の美しさを生かしたモダン仏壇で先祖供養を

花の美しさもさることながら、桜は木材としても古くから重用されてきた植物なのだとか。

 

木目が美しく、なおかつ加工しやすく耐久性も高いため、仏壇の素材としてもピッタリです。

 

モダン仏壇でも多用されており、まさに時代を超えて人々の「心」をつなぐ役割を担っているというわけ!

 

では、桜を使ったモダン仏壇で人気なのはどんな商品?

 

そもそも、桜には「木材」としてどんな特徴があるのでしょうか?

 

桜で作った仏壇にはどんなメリットがあるの?

 

桜の特徴は?

毎年、桜の季節になると心そわそわ、わくわく…。

 

日本人にとって桜は、新しい始まり、出会いの象徴なのかもしれません。

 

目で見て美しい桜ですが、実は木材としても素晴らしい機能性を備えていることをご存知でしたか?

 

非常に木目が緻密で狂いがない、加工しやすい、磨くことで美しい艶感がUPする…という特徴ゆえに、伝統的な工芸品や高級家具や建築材としても多用されてきた材質なのです。

 

もちろん、仏壇としても古くから用いられてきた材質の一つ。

 

最近人気の家具調仏壇=モダン仏壇にもよく使用されているんですよ。

 

桜のような温かみのある色彩の材料を使用することで、「暗い」と思われがちな仏壇のイメージを払しょく!

 

その名も「桜流し」!

桜を使ったモダン仏壇をお探しなら、「メモリアル仏壇の金宝堂」のサイトをのぞいてみましょう。

 

その名も『桜流し』という商品名の仏壇は、仏具一式がついて598,000円~の高級仏壇!

 

 

素材はウォールナットですが、扉にほどこされた桜のレーザー彫がなんとも美しい!

 

心がほっこりなごむ「和」の雰囲気を醸し出しているんです。

 

「オープン塗装」という木目や艶を生かす塗装法が採用されているので、天然木ならではの良さが損なわれることなく生かされていますよ。

 

デザインは「和」なので和室にも合いますが、素材がナチュラルな無垢材なので洋風リビングの床とも相性が良いですね。(※サイズは高さ140cm×幅48.3cm ×奥行き44cmで、タンスの上にレイアウトできるタイプではありません)

 

扉を開けば、須弥壇や背板にも桜が!

 

この桜模様は、「桜の江戸小紋」と呼ばれる柄なのだそうです。

 

さらに、天井は「オバール天井」という円型の特殊なデザインになっていて、照明の光(LEDダウンライト)を幻想的にアレンジしてくれるんです。

 

ちなみに、こちらの商品には仏具と掛け軸(三幅)のセットが付属しています。

 

仏具セットとりんセットは6種類あり、好きなデザインのものを選ぶことができますよ。

 

国産ならではの細やかな細工が光る!

正真正銘の桜製、しかも上置きタイプのモダン仏壇がご希望なら、「仏壇仏具KARAKI」さんの『トレス真桜』はいかがでしょうか?

 

仏壇仏具KARAKI」 【国産】上置仏壇 「トレス真桜」20号 各宗派用

 

真桜薄板貼、ライトブラウン系のナチュラルなデザインに桜の花びら模様があしらわれている…という和洋折衷のモダン仏壇。

 

なんでもこれ、刻んだり描いたりしたものではなく、杢(製材すると現れる木目の紋様)を貼っているのだとか。

 

非常に手間のかかる作業なんだそうです。

 

国産だからこそなせる繊細なワザが光りますね。

 

機能性も高く、内部の一番上の棚は取り外し可能。

 

仏像のサイズに合わせて中のスペースを調整することができるようになっているんです。

 

サイズは高さ60.3㎝×幅48㎝×奥行39cm、お値段は税込・送料込で198,000円です。

お仏壇の総合情報

スポンサーリンク