モダン仏壇とは

MENU

最近流行りの「モダン仏壇」って?特徴をわかりやすく教えて!

仏壇の通販サイトなどで最近よく見かけるモダン仏壇とはいかなるものなのか?

 

伝統的な黒い仏壇とどう違うのでしょうか!?

 

ここでは、気になるモダン仏壇とは?の疑問に答えるべく、その定義と特徴を徹底解説!

 

仏壇といえども、移り変わり行く時代の波には逆らえないという現実が浮き彫りに…。

 

「モダン」と言うからには、現代的な雰囲気の仏壇なんだろうなあ~と…そこまでは誰でも想像できそうですよね!?

 

正式には「家具調仏壇?」

いわゆるモダン仏壇とは、正式には「家具調仏壇」とカテゴライズされる仏壇の一種です。

 

家具調…要するに、家具のように自然なデザインということですね。

 

伝統的な仏壇のような、「THE仏壇!」という仰々しいルックスではないわけです。

 

色んなデザインの家具があるように、モダン仏壇の種類も様々。

 

非常に自由なスタイルで、現代的な洋間のリビングにもしっくりなじむような商品が多いですね。

 

「仏様をお祀りする」「先祖を供養する」という目的自体は変わりませんが、よりデザインを重視するために生み出された…そんなイメージでしょうか。

 

なぜ人気なの?

モダン仏壇と呼ばれる商品のほとんどは、色調が非常に明るい!

 

…というのも、メープルやチーク、ウォールナットなど、リビングの床材と相性の良い洋家具の材質を使用した商品が多いんです。

 

このような点から、モダン仏壇とは従来の仏壇よりも「宗教色」を抑えてある仏壇なんだな…ということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

なぜそのような仏壇が人気になったのかというと、そこには現代の住宅事情があります。

 

すなわち、

  • 実家を出て、家は建てずにマンションで暮らしている
  • 子供たちも独立したので、持ち家を売って介護つきのマンションに引っ越した
  • 介護用の施設に入居した

・・・等のケースが増え、結果的に「多くの人々が仏壇を置くスペースに苦慮している」という現実があるわけです。

 

そこで、タンスやチェストなどの家具の上に置けるミニタイプの仏壇や、リビングの一画に置いても違和感のないモダンテイストの仏壇などが注目されるようになったんですね。

 

例えばどんな仏壇がある?

従来、仏壇といえば「和室に置くもの」というイメージでしたし、実際にデザインも和室向きで洋間にはちょっとそぐわない外観でしたよね(苦笑)。

 

その点、モダン仏壇とはその名の通りモダン=現代風の仏壇。

 

例えばアート感たっぷりの個性的なフォルムの仏壇や、一見「オブジェ?」と見まがうようなシンプルモダンなオープンタイプ。

 

北欧テイストのインテリアにマッチしそうな白い仏壇もあれば、タンスと一体化して見えるようなナチュラルな木材を使用していたり…。

 

宗派にとらわれることなく、自由な発想で故人をお祀りするというのが根底にあるポリシーなのでしょう。

 

大事なのは、形式的なものではなく「心」なのです!!

お仏壇の総合情報

スポンサーリンク