仏壇 マナー

MENU

仏壇のマナーには、仏壇の準備と仏具などの飾り方

お仏壇を買う場合にも、やはりマナーがあります。

 

あまりにも常識はずれなことをしてしまうといけませんから、基本的な点は抑えておきましょう!

 

先ず準備ですが、仏壇は四十九日の法要までに用意します。

すでにお持ちであれば準備の必要はありません。

 

新品の場合、開眼供養といって仏壇開きのための魂入の供養をしていただきます。

 

これは檀家寺のご住職にやってもらいましょう。

 

またもう一つ重要なのが位牌です。

 

四十九日までは白木の位牌ですから、本位牌を用意しなければいけません。

 

これも四十九日の法要までに、ご住職に魂入していただきます。

 

次に仏壇の本尊や仏具の飾り方のマナーですが、これは宗派や分派、地域によっても大変異なるものなので、やはり檀家寺のご住職や、お取引のある仏壇専門店にお尋ねになってください。

 

一般的には、仏壇の主役はあくまで、宗派で決められているご本尊ですから、くれぐれも宗派をお間違えにならないように気をつけて下さい。

 

ご本尊の飾り方も、位牌よりも上に配置するのがマナーとなっています。

 

日々、お世話をさせて頂く

お仏壇のマナーとして毎日やることは、お香、お花、お灯明、お仏飯、お水の五供を欠かさないことです。

 

お花は毎日だと大変ですから、月命日や特別な時だけでもいいです。

 

また、香りのよくないお花は避けましょう。

 

お仏飯は毎朝炊いたご飯をお供えします。

 

お水は、浄土真宗ではないそうですが、他の宗派はあります。

 

これも毎朝湯のみに新しいものを入れてお供えします。

 

命日や法要のときなどに故人の好物をお供えしても構いません。

 

「霊供膳」というそうです。

 

ただ、臭いのあるものは避けましょう。

 

その他、お供えしたいものがあれば随時備えても構いません。

 

お客様のお土産などお供えしたものは、ご家族がそのお下がりをいただくようにするのがマナーです。

 

仏壇のマナーというといささか堅苦しい感じがしますね。

 

実際には出来る範囲でいいと思いますよ。あまりマナーに囚われすぎて、毎日の参拝が苦痛になってしまっては本末転倒ですからね。

お焼香のマナー

お焼香

 

仏壇のお参りに焼香は欠かせませんね。

 

焼香、灯明、華は仏様への三大供養といわれています。

 

焼香はいい香りで拝む人の心を浄化し、その香りに包まれる中で仏様をお迎えするという意味が込められています。

 

仏壇の焼香の焚き方にも二通りあります。

抹香を使う場合と線香を使う場合です。

 

一般的には、葬式や法要の時に使うのが抹香ですね。

 

誰でも一度や二度はやったことがあるのではないでしょうか。

 

右手でつまんで、額に持っていき、拝んでからパラパラと火種に落とします。

 

宗派によってはその回数も異なるそうです。

 

ちなみに

  • 真言宗は1回、線香は3本、
  • 曹洞宗は2回、線香は寝かせて焚きます、
  • 本願寺は拝まずに1回、線香は寝かせて焚きます。

焼香の順番は、血縁の深い順が多いようです。

 

でも、焼香の回数を間違えたからといってとくに問題があるわけではないと思います。

 

仏壇の作法でも、宗派の違いまで詳しく知っている方ってそうはいないと思います。

 

私も何度か法事を経験してきましたが、抹香はいつも3回拝みます。

 

不安なときは前の人をよく見ていて、まねをしますね。

 

やっぱり大切なのは気持ちですよ。

造花はマナー違反?

お仏壇に造花

 

仏壇に造花を供えることは、仏壇のマナーに反することではありません。

 

仏壇にお供えする花は、お香、灯明と並ぶ仏様への三大供養の一つで、とても意味があるものです。

 

花は美しいものです。

 

花を愛でることは、心が清められ癒されもします。

そういう意味を持つ花を仏様に供えるということは、仏様を讃える気持ちのあらわれであり、お礼の心が込められています。

 

では、何故花の向きが仏様に背を向けているのかというと、拝む人に仏様の御心が向けられている、ということなのです。

 

拝む自分自身にも向けられていると思うと、たとえ造花であれ、美しい方がいいですよね。

 

夏の暑い盛りなどは生花だとすぐに傷みますし、忙しい人なら毎日花を換えることはできません。

 

最近は仏壇に造花を利用する人が増えています。

 

造花も数百円から5千円程度ですから、それほど価格も高くはありません。

 

見栄えはいいです。

生花にこだわって枯れさせてしまうより、造花でも美しいものをお供えした方が良いと思います。

 

ただ、毎日だと味気ないので、月命日や嬉しいことがあった日などは、生花にするようにして、メリハリを付けるようにしています。

お参りの作法

お仏壇にお参りする

 

仏壇のお参りの作法といっても、それほど堅苦しく考えなくていいと思います。

 

まず、

  • お香、
  • お花、
  • お灯明、
  • お仏飯、
  • お水

の五供をお供えします。

 

 

お花は、毎日生花をお供えするのが大変なら、造花でも構いません。

 

また、灯明もロウソクでなくライトでもいいです。

 

鈴を1回鳴らして、お参りさせて下さいの合図をします。

 

仏前に合掌礼拝して、お線香を1本点します。

 

お参りの際、灯明がロウソクならば、きちんと火を点します。

 

また、消す時は息で吹き消さずに、手で払って消すか、火消しを使って消します。

 

お線香の火も手で払って消して下さいね。

 

また、灯明がライトならばスイッチを入れて下さい。

 

仏壇のお参りの作法でも宗派による細かい違いはあるでしょうが、それらを全て知っている人などはそうそういませんよね。

 

ですから、上記のような一般的な拝み方でいいと思います。

 

大切なのはご家族であれば毎日拝むことです。

 

お客様にしても、来て拝んで下さるだけでいいのです。

 

その気持ちが何よりも、故人を喜ばせることだと思います。

 

また、ご家族や故人のゆかりの方に嬉しいことがあった時や、逆に悩み事など、何か話したいことがあれば語りかけてみてはいかがでしょうか。

 

答えを出してくれるわけではありませんが、不思議と拝む側も嬉しい気持ちになったり、イヤな気持ちが吹っ切れたりすることってありますよね。

 

ご本尊は言うまでもなく、故人となった仏様も家族の守り神ですから、そんな気持ちになるのではないでしょうか。

 

仏壇の存在や、また仏壇にお参りすることには、そんな大切な意味も込められているのだと思います。

 

ですから、毎日のお参りだけは欠かさず行ってくださいね。

お仏壇の総合情報

スポンサーリンク


合わせて読みたい お仏壇と上手に付き合うためのコツ

 

最近は仏間のない家が多いせいか、仏壇事情も大分変わってきているようです。またマンションや現代の住宅事情に、昔みたいなドーンとデカすぎる仏壇はあまりにも不釣合いで、中にお祀りされる仏様も居心地が悪いのではと思ってしまいます。現在購入できる仏壇にはおしゃれなものがとても多く、どんなタイプのお部屋にも合う品々が揃っています。家具調仏壇や現代仏壇といわれるジャンルで、木目でもカラーが豊富で、お部屋のインテ...

 
 

仏壇の置き方には基本的に決まりはありませんが、ご本尊や仏具の配置には、同じ仏教でも宗派により祀るものが違いますし、配置も異なります。仏壇の配置は、方角、位置、置き方の三点に注意点があります。方角としては、基本的にはどの方角でも構いません。何故ならば、仏様はどの方角にもいらっしゃるという考えに基づいているからです。しかし諸説ありまして、南面北座、本山中心、西方浄土という配置もあります。また、位置です...

 
 

最近の仏壇はインテリアといっても決して過言ではないです。とてもオシャレなものがたくさん揃っています。現代仏壇、伝統工芸品仏壇、唐木仏壇、家具調仏壇など様々なジャンルがあります。日本家屋、現代的な一戸建て、マンションにとそれぞれの住宅事情に合わせた商品や、リビングや居間だけでなく寝室のような部屋に合わせたものまであります。さらに、一見すると置物かと思うものや、仏壇とはよもや気付かないものまであります...

 
 

マンションのように限られたスペースに仏壇を置く場合、位置や配置には頭を悩ませます。配置をどこにするかによっても安置する位置が変わります。たとば、箪笥の上だと位置が高すぎる場合があります。そうすると拝みにくいので、高さを抑えた仏壇が良いと思います。逆にリビングのサイドボードの上であれば、目線の高さより低くならないような高さの仏壇を選びます。仏壇のマナーとして、仏様を見下ろす目線ではいけないそうです。...

 
 

仏壇の方角にも決まりがあると私自身も思っていましたが、基本的には決まりはないそうです。何故ならば、仏様は全ての方角にいらっしゃるのだそうですから、どこの方角に置いても吉も凶もないのだそう。それでも方角にこだわるのが日本人ですよね。一般でも北向きは縁起が悪いといって、枕を北向きにするのは何となく嫌ですね。ご家庭の事情もありますし、向きにこだわったがために高額な費用がかかってしまうなど、不都合があるよ...

 
 

仏壇のお手入れは小まめにやることをお勧めします。ホコリがつきやすいですし、何より長持ちします。先ずは毛バタキでホコリを払います。仏壇専用のクロスで汚れを拭き取ります(普通の化学雑巾は傷つきやすいです)。汚れがしつこい場合は、ぬるま湯にひたした柔らかい布で拭いてください。仏壇に湿気は大敵ですから、花や水の取替え時の水滴は直ぐに拭き取りましょう。金箔には直接手を触れないで、毛バタキでホコリを払ってくだ...

 
 

仏壇にも通販で購入できるものはたくさんあります。ネットでも様々な社名が並びます。でも、通販だけで購入するのはいかがなものかと思います。仏壇は長く使うものですし、亡きご家族を祀る大切な場所でもありますから、慎重に選ばなければいけません。通販を利用するにしても、配置する場所の高さ、幅、奥行きを測り、部屋の雰囲気に合うデザインやカラーも考えます。そういった事前の準備をしてから、ネットやカタログで条件に合...

 
 

最近では仏壇も従来のような日本古来のものよりも、マンションや現代的な住宅事情に配慮したモダンな仏壇が増えています。現代モダンや家具調といったジャンルのもで、観音開きの扉を閉めてしまうと、仏壇というより、おしゃれでモダンな家具といった雰囲気です。カラーも豊富で、ブラウン系でも、ダークからライトまで何種類もありますから、マンションのような内装にもピッタリ合います。デザインも洋風モダンや和風モダンがあり...

 
 

基本的には床置きタイプと家具などの上に置く、上置きタイプです。昔の家なら仏間があり、仏壇を置くスペースが作られていましたが、現在のマンションや一戸建てだと、建築前にリクエストしないとない場合が殆どだと思います。入居後に必要になるケースも多く、それぞれの用途に対応できるように、昔よりも様々なサイズが揃えられていてビックリしました。仏壇のサイズは細かく分かれていまして、上置きタイプだと、1号を3cmと...

 
 

仏壇の位牌は、元々仏教のしきたりではなく、古くから中国に伝わる孔子の教え、儒教に由来するものだそうです。日本では、現在主流となる様々な宗教が誕生した鎌倉時代に、宋(中国)から禅僧によって持ち込まれたそうです。庶民の間では、江戸時代に用いられるようになったようです。位牌には故人の戒名、死亡年月日が記載されています。開眼供養といって、檀家寺の住職から入魂してもらいます。位牌は、故人の霊魂が仮に宿る場所...

 
 

セットとは仏壇本体に仏具を付けたもので、セット内容にも色々あるようです仏具のセットは、・香炉・花立・燭台・仏飯器・茶湯器の五具足が基本花立や燭台が対になっているものもあります。小型仏壇の場合は、香炉、花立、燭台の三具足です。その他にも、五具足にプラスして、リンや掛け軸がついたものや、サービスでお手入れグッズが付く場合があり、仏具のセット内容も様々。ただご本尊やお位牌、遺影は別です。本尊や掛け軸がセ...

 
 

仏壇のアウトレット商品もたくさんネットに出ていますね。卸価格だから40~70%オフなど、50%オフなんか珍しくもなんともないのですね。とにかく安いです。アウトレットというと、キズものや売れ残りですね。でも中には面白いものがあって、人気テレビ番組で使われた仏壇なんていうのもあります。人気の出演者が使ったものだと、欲しいという人もいるのでしょうか。アウトレットで心配な点ただアウトレットだと心配な点がく...

 
 

仏壇のお供え物には5つありますお香お花お灯明お仏飯お水です。これらのお供え物を五供といいます。仏壇の中は極楽浄土を再現しているそうです。芳しい香りを漂わせ、美しいお花で飾り、美味しい食べものやお水で満たされている、そんな極楽な世界を表しているのですね。そういう中で仏様をお迎えして、参拝します。お供え物は、本来ご本尊や脇がけの仏様などにお供えするものだそうです。ですが、お仏壇へのお供え物には、故人の...

 
 

最近は一人っ子ヶ多く、兄弟姉妹が少ないので、仏壇を受け継ぐ人がいなくて、家に仏壇が二つになるということもあります。長男だからとか長女だからなんて言ってはいられない時代です。引き継げる人がいれば次男でも次女でもこだわれない時代です。それでも仏壇が二つになってしまったときは一体どうすればいいのでしょうか。ネット調べてみても意見が様々あるようです。僧侶の方の意見二つを一つにまとめてもいいという意見、望ま...

 
 

最近の仏壇というのは大変種類も多く、仏間のないマンションや現代的な住宅に最適のものも多くあります。現代モダンや家具調仏壇ですね。そういった仏壇は、どちらかと言うと洋間やフローリングに合った素材、デザインで作られています。フローリングのないお家の方が最近では珍しいぐらいですから、そういった仏壇の売れ行きも好調です。フローリングに合う仏壇はとてもオシャレで、仏壇と言うよりも家具そのものです。ですから仏...

 
 

仏壇メーカーも全国各地に数えきらないほどたくさんありますね。それというのも、仏壇が一般庶民に浸透したのが江戸時代だからですね。その頃は仏教信仰が厚く、家庭に不幸があった場合はもちろん、そうでなくても、どこの家にも置かれていたそうです。仏壇の産地もたくさんあり、徳島、金沢、京都、名古屋など有名産地がたくさんあります。現在伝統工芸品指定を受けている都道府県は15もあります。また、都道府県知事指定の伝統...

 
 

仏壇のリサイクルをうたっている業者は確かにありますね。仏壇が大きすぎてマンションなどの新居だと収まらず新品を購入したい、仏壇の老朽化が激しいなどの理由で仏壇をリサイクルに出すようです。リサイクルでも二通りの方法が考えられます。一つは下取り。もう一つは引き取りです。仏壇の下取り仏壇の状態にもよりますが、下取り価格が付いての引き取りになります。もしお持ちのものが、伝統工芸品や新品同様に状態がよければそ...

 
 

永代供養とは、お墓や、仏壇を何らかの理由で引き継げない場合、そのご供養をお寺に依頼するものです。永代といっても、契約者も参列しての定期的な合同法要も行われますから、そのままという訳ではないようです。また、生前でも契約できる場合があります。永代供養の費用はお寺により違うようですが、お墓の場合、一般的には30万~50万円程です。永代供養の理由永代供養の理由には様々あります。引き継ぐ者がいない。子供が女...

 
 

仏壇の下取りをしてくれる仏壇屋さんや業者は結構あります。仏壇の老朽化や引越し先の住居に置けるスペースがない、好みに合わないなんてこともありますよね。新しいものを購入した際の古仏壇の引き取りならば当たり前ですが、下取りの場合は少し違います。昔なら仏壇を下取りなんてと思われるかもしれませんが、最近はできちゃうんです。びっくりですね。仏壇の下取り価格ネットで調べてみたのですが、仏壇が100万のものなら1...

 
 

仏壇の花瓶のお花は、ご芳香、お灯明と並ぶ仏様への三大供養の一つで、とても大切な供養です。お仏壇への参拝の際、いい香りと美しいお花で仏様をお迎えします。ですから、花瓶のお花はいい香りのものを選びます。お灯明はご本尊のお知恵の光といわれています。仏壇の花瓶の置き方仏壇の花瓶は普通左右対称に置きますが、小型仏壇のようなスペースの狭いものは、1つでも構いません。また、挿すお花が造花でもいいのです。毎日お花...

 
 

仏壇への参拝に線香を灯すことは欠かせないご供養の一つです。ただ、毎日お線香を立ててると灰が直ぐにたまってしまいますね。灰の手入れも面倒くさそうです。仏壇の灰の手入れはどのようにすればいいのでしょうか。〝灰ふるい〟にかける〝灰ふるい〟にかけるとフワフワに蘇るとか。またその後は〝灰ならし〟でならして滑らかにするそうです。ふるいにかけるときは灰が舞うので、マスクをした方がいいですね。また思い切って全部捨...

 
 

仏壇の開眼供養とは、新たに仏壇を購入した際に行う仏壇開きの供養です。〝入魂式〟や〝魂入れ〟ともいわれます。仏壇の修復やお墓の建立、新たなお位牌に対しても行われます。しかし、仏壇の箱そのものに魂が宿るのではなく、ご本尊やお位牌に宿ると考えられます。でも大抵は、仏壇に全て納められた形でおこなわれますから、仏壇の開眼供養といっても言いと思います。仏壇のみだと、入仏式というそうです。仏壇の開眼供養お坊さん...

 
 

仏壇の配置に鬼門は避けなければいけないのでしょうか。鬼門とは北東の方角を指します。また、その人にとっての苦手な人、物事、場所のでもあります。ちょっと調べてみたのですが、仏壇の鬼門に関しては意見が結構あるのです。でも、仏壇の置き型に方角は関係ないという話も聞いたことがあります。仏様はどの方角にもいらっしゃるからだそうです。仏教の方角にはそれぞれ意味があります東は悟り、西は菩提(悟りの証)、南は修行、...

 
 

激安の仏壇もネットにたくさん出ていますね。50%~90%オフなど、普通に購入するのがバカバカしくなってしまいそうです。仏壇というと高価なイメージがありますから、大型でも10万円程度で買えちゃう激安価格には驚きですね。種類も意外と豊富にあります。激安価格の仏壇には幾つか問題点があります返品や交換が出来ない。仏壇や仏具の質がどうか。仏具とのセットだとなおのこと質が問われます。宗派は大丈夫か。そして何よ...

 
 

仏壇の購入時期というと、家族が亡くなった場合、四十九日の法要までに用意しなければいけません。購入して、お魂入れをしてもらいます。これはご自身の宗派の檀家寺の住職さんに頼むのが一般的ですね。他には古い仏壇を新しいものに変えるときや、引越しで現在の仏壇が新居にどうしても置けない場合ですね。そういった時も、新しい仏壇を購入し、上記のようにお魂入れをしてもらい、仏壇開きをしてから設置します。古い仏壇を処分...

 
 

無垢の仏壇はとても高価なものです。無垢の仏壇とは、森林から伐採した木から直接採った木材で製作した仏壇です。スギ、ヒノキ、ヒバ、ベニマツなどです。太古の昔から使われてきた素材で、香りや自然な色合いがとても良い木材です。また、耐久性にも大変優れています。ただ、割れたり、反ったりしやすく、加工や製作には技術が必要だそうです。仏壇店で見かけることが少ないのは、店内の空調のための反りや割れを防ぐためですが、...

 
 

仏壇にも唐木仏壇というのがあり、銘木で作られた仏壇のことをいいます。黒檀も唐木仏壇です。黒地の美しい縞目の木材で、磨くと光沢がでてきます。カキノキ科の常緑広葉樹で、インドネシアや東南アジア全域で成育しています。材質が硬くて丈夫で、非常に強度があります。また、その硬さから虫にも食われにくく、乾燥質でもあります。ずっしりとした重厚感で、耐久性に優れた素材なので、仏壇のような一生物にはもってこいなですね...

 
 

仏壇にも中古買取業者はいますね。ネットにも出ています。引越しの新居に仏壇が収まらず新たなものを購入する場合や、仏壇の老朽化による買い替えの場合に必要が出てきます。中古買取だと下取りもありますね。中には仏壇の価格の10%で下取りというのを見かけました。まあ下取りでも、中古買取でも同じことですが、ただ、品質にもよるようなので、かならずしも値が付くとは限りません。新品の購入先の仏壇店でも行っている場合が...

 
 

壇の魂抜きというのは、仏壇を処分するときに行うもので、お寺か自宅にお坊さんを招いて仏壇の供養をしてもらいます。引越し先の新居に仏壇を置くスペースが取れないとか仏壇が老朽化してしまったなどの理由で、新たな仏壇を購入するときに必要が出てきます。魂抜きを依頼する寺院その家の檀家寺の住職さんが一般的です。お寺が遠方の場合は、近くのお寺にお願いしても構わないようで、宗派の違いがあっても問題はないです。ご供養...

 
 

一般に法要の際には、いちばん偉い僧侶の方がお座りになります。そのときに敷く座布団は金襴、紅、紫色です。宗派にもよるそうです。お焼香の時は、僧侶の方の座布団には座らず脇にずらして座り、参拝します。座布団そのもののマナー座布団にも表裏や前後の向きがあり、座り方にもマナーがありました。座布団の真ん中に糸が出ている方が表です。4つの辺の縫い目がない方が前向きです。座り方座布団の下座から座り、下座から退座し...

 
 

仏壇にも照明付きがありますね。仏壇の照明は昔は輪灯と呼ばれ、元々は宮中で仏壇用の照明器具として使われていたのが、真宗の仏具として用いられるようになりました。中に油が入っていて、灯芯に火を灯して使いました。また、お灯明として使う照明は、仏壇のお香やお花と並ぶ三大供養の一つとして欠かせないもので、その光はご本尊のお知恵の心を意味するそうです。非常に使いやすくなった照明付き仏壇現在では電気の照明が仏壇内...

 
 

仏壇を洗うことを、「お洗濯」といいます。お洗濯にも色々ありまして、簡単クリーニング、簡単クリーニングに解体を含むもの、仏壇の解体にさらに修理を含むもの種類があります。簡単クリーニングだと、仏壇の本体や扉などを専用の洗剤で洗います。これで結構光沢が戻るようです。クリーニングは、5年から10年間隔で出した方がいいようです。費用も安く数万の範囲で出来ます。数千円単位のもっと簡単なサービスクリーニングを行...

 
 

仏壇があるお宅だと、必ずそれを引き継ぐ人がいまいます。だいたいその家の長男という風に考えるのが一般的です。女系の場合は長女やその嫁ぎ先でしょうか。でも色々な問題がありますよね。どうしても仏壇を引き取れない、嫁ぎ先にも仏壇があり、二つになってしまうとか。ネットで見ると色んな意見がるようですが、総体的には別に引き取れる人が引き取ればいいようです。私も同感ですね。大切なことは毎日参拝すること引き取れなか...

 
 

引越しの場合だけでももちろん依頼が出来るはずです。配送業者さんでも仏壇を専門に扱うところもありますし、また、仏壇店と配達業者が提携してやっている場合もあります。仏壇購入の際には無料サービスがあり、だいたい県内など指定する地域のみ無料になっています。その場合も仏壇の値段によって、玄関まで配送や、部屋に設置など、内容も異なりますから、よく聞いてみてください。普通の家具よりも神経を使うようです。仏壇はた...

 
 

仏壇に分家や本家が関係するかというと、昔は分家として家を出るときに仏壇も持って出ることが多かったようです。本家と同じ宗派で、仏壇の開眼供養をして、魂を入れてから持って出るそうです。でも現在はあまり聞かないですよね。第一、現代住宅やマンションだと置くところがなく、無理してまで持っていこうとは思いません。もちろん持つ必要が出れば別ですが、そうでないならば、分家としてのあり方さえキチンとしていればいいの...

 
 

泡洗浄というのは、洗顔や洗髪、食器洗いのコマーシャルなんかでよく耳にしますね。その名の通り泡で洗います。仏壇の泡洗浄も同じです。洗顔などは、石鹸や洗顔フォームをよく泡立てて洗います。泡立てることのメリットは、地肌を傷つけないことで、仏壇も一緒です。手やスポンジ、布などで直接本体に触れることがないので、傷つけずに済むのです。仏壇の泡洗浄仏壇にも泡洗浄用の洗剤があります。仏壇には手垢、油煙でくすみが出...

 
 

仏壇に防炎マットは欠かせません。ロウソクの蝋が解け落ちたり、線香の灰が落ちたりして、経机や仏壇を焦がしてしまうからです。誤ってロウソクや線香を倒してしまうこともあり、どれも火災を起こす原因になります。そんな時下に防炎マットを敷いておけば安心ですね。仏壇用の防炎マット仏壇の大きさに合わせて、14、16、18、20、22、25号とサイズが揃っていて、フリーカットでも売られています。だいたい1000円~...

 
 

仏壇の盆飾りは豪華絢爛ですね。種類が沢山あります。まこも、盆花、花瓶、盛器、御霊具膳、行灯、霊前灯、盆棚、どんす、火立、リンセット、水の子、素麺、みそはぎ、供え物。マンションなどではとても全部飾れませんね。家の実家では、ここに挙げられているものでも、行灯が左右に飾ってあるのと、水の子というナスやきゅうりの夏野菜があるぐらいです。盆飾りが置けるスペースが取れないのでそれが限度です。行灯は仏様をお迎え...

 
 

仏壇はできれば定期的にお手入れをして、磨いた方がいいですね。お手入れには先ず毛バタキでホコリ落とします。専用のクロスでムラを拭き取りますが、落ちが悪い場合はぬるま湯につけた柔らかい布で拭くといいようです。仏壇は丁寧に磨いていきます仏具も丁寧に扱いながら、柔らかい布で拭きます。燭台はロウソク除去液で取り除いてから拭きます。仏具でも金メッキや色つきの仏具は磨き剤を使うと剥がれますから、ぬるま湯で絞った...

 
 

最近のペット事情もだいぶ変わってきましたね。ペットというよりも家族そのもので、亡くなった時などの対応も人間並みです。犬用の仏壇もモチロンありまして、1~2万円程度で購入できます。人間用の仏壇をそのままミニチュアにしたような立派なものです。観音開きで、中には引き出しが付いているものを多く見かけます。ナチュラルな手作り感覚の仏壇もありましたね。サイズは、Sサイズだと縦300mm、横200mm、幅160...

 
 

仏壇や仏具の処分は基本的にいつでも出来ます。ただやならければならないことが、お魂抜きといって、きちんと供養をしてもらうことが必要です。これは仏壇を購入した先や、これから購入する先に依頼してもいいですし、檀家寺のご住職に相談されても良いと思います。専門の遺品整理業者でも仏壇、仏具の処分ができます。仏壇・仏具の処分を業者に依頼する場合、もちろん費用が掛かります。調べたところでは、仏壇、仏具の供養料に1...

 
 

ご先祖様を祀る仏壇。考えてみれば、好き勝手に移動して良いわけがありません。移動させるには一定の手順を踏む必要があるのです。ただ移動するだけじゃダメ!仏壇を移動する場合、「仏具は段ボールに入れて、あとは運送屋さんお願いね~」では済ませられません!単に運ぶだけではダメなのです。考えてみれば、ご先祖様をお祀りしている場所なんですから、「運べば仏さんも一緒について来てくれるだろう」という考え方はあまりにも...

 
 

スペースの問題で仏壇を置きたくないんだけど、故人のことを思うと心が痛む…。それなら、超・便利な仏壇アプリがオススメ!えッ?スマホが仏壇!?「こんなアプリもあるの~?」と、スマホアプリの世界は驚きの発見が満載!そんな中、スマホやタブレット端末の中でご先祖様を祀れるという画期的なアプリが登場していることをご存知でしょうか。「とにかく場所を取る」「価格が高い」という仏壇のデメリットをうまく克服しており、...

 
 

管理する人がいなくなってしまった実家の仏壇。一体誰が引き継ぐべきなのでしょうか?そもそも、誰が引き継ぐべきなの?民法896条では、誰かが亡くなった場合、いわゆる「相続人」と呼ばれる人は故人が所有していた全ての権利&義務を引き受けることが定められています。しかしながら、仏壇や墓地などは相続財産には含まれないのだとか!これは民法の897条に明記されているんです。じゃあ、誰が引き継ぐんだ!?ということに...

 
 

一般的に、どのくらいの価格帯の仏壇がよく売れているのでしょうか?そして、金額の違いはどこに表れるのか!?値段の違いはどこに出る?『いい仏壇』という仏壇販売会社が2011年に実施した調査によれば、全国平均としては10万円~50万円の仏壇を購入する方が多かったのだとか。ただ、一方で100万円以上や300万円超えの仏壇を購入している方も!その金額の違いは、まずは扉に如実に表れるのだそうですよ。高い仏壇だ...

 
 

仏壇の値段はピンキリ。では、30万円の仏壇は高いのか、それとも安いのか?市場の動向を含めてご紹介します。仏壇に30万円…って高い?2011年に、『いい仏壇』という仏壇販売サイトが調査した結果によれば、仏壇の購入価格として人気なのは10~50万円の価格帯。実際に購入した人のうち、約8割がこの価格帯に集中しているのだとか。さらに細かく見ていくと、約25%は10~20万円。30万円台の仏壇を購入した人は...

 
 

数ある仏壇の中で、ちまたの人々はどの価格帯の商品を選んでいるのでしょうか?また、最近はどんな仏壇が人気なの!?40万円台は全体の約一割時代と共に移り変わりゆく「家」の在り方。家族構成も、家そのものの住まい環境も変わってきましたよね。この変化に伴い、仏壇の在り方も変わりつつあります。最近は家を持たずにマンションやアパートなど住まう方も多いですから、「仏壇を置くスペースを確保できない」という物理的な問...

 
 

50万円というのは、仏壇購入の際の一つの境目。これを超えると、お値段の分だけクオリティーもUPする!?50万円台は全体の約4%卓上タイプの簡易的な仏壇もあれば、伝統的な豪華絢爛な仏壇あり…。選ぶ人のニーズに合わせて、千差万別な仏壇の世界。ですが、市場の動向としては、人気は10~50万円に集中しているそうですよ。その価格帯であれば、ごく平均的ってことです。では、50万円以上の仏壇はどんなものなんでし...

 
 

無理して借金をしてまで高価な仏壇を購入する必要はありません。大事なのは、故人を想う心。たとえ安価であっても、気持ちさえあれば十分なのです!5万円あれば十分!最近は、持ち家ではなくアパートやマンションなどの集合住宅で暮らす方も多いですよね。特に、部屋数が少ない物件にお住まいの方は、仏壇を置く場所に苦慮されているのではないでしょうか。しかし最近は、こういった時代背景に合わせる形でサイズの小さい仏壇も販...

 
 

1万円以下で購入できる仏壇もあれば、100万円、500万円、1,000万円…と目がくらみそうな金額の仏壇もあります。その違いって何なのでしょう?800万超えの仏壇ってどんなの!?ハッキリ言って、800万円を超えるほどの仏壇は一般的ではありません。実際、ネットで検索してみても該当する商品はほとんどないことに気づくハズ。金額の違いは、やはり「素材(材質)」。いわゆる「金仏壇」と呼ばれる高級な商品になる...

 
 

愛していたペットのために、仏壇を手作りする方も多いそうです。簡単にハンドメイドするにはどんな方法があるのでしょうか?また、さらに、手作りっぽいテイストで販売されている既製品のペット用仏壇もあるようなので、不器用さんはそちらもチェックしておきましょう!ペットのために仏壇!?・・・いえいえ、そんなに大げさなものをイメージする必要はありません。手作りできるような簡易的なものでも構いませんから、らぜひ日常...

 
 

今や、ネット通販でも仏壇が購入できる時代!そこでここでは、通販大手のアマゾンで取扱いのある商品を3点ピックアップしてご紹介!職人の技が光る本格的な商品、価格がリーズナブルなミニサイズ、デザイン性の高いモダン仏壇・・・さて、みなさんは何を基準に選びますか?さっそく、アマゾンをチェック!仏壇選びに迷ったら、アマゾンのランキングを参考にしてみましょう。今、一番売れているのはどんな仏壇?一番人気はコレ!仏...

 
 

仏壇にご飯をお供えするのは、一体、何のためなんでしょうか?仏壇に上げられているあのご飯にはどんな意味があるの!?まずはその理由をチェック!さらに、お供えの時間帯や使用する容器、下げるタイミングなど、知っておきたい基本的なルールについてレクチャーします。自宅に仏壇がないと、なかなか知る機会のないお供えのルール。その基本とも言えるのが、こんもりと盛られたご飯です。さて、あのご飯にはどんな決まり事がある...

 
 

仏壇に備えたご飯は、食べるべきなのか、捨てるべきなのか?宗教的な解釈に加えて、一般的にどっちが多いのか?また、いつ下げて・家族の誰が食べるのがベストなのか。捨てるならどんな捨て方をするのが正しいのか、意外と知らない仏壇のご飯についてのルールをまとめました。仏壇があるお宅では、おそらく毎日、ご飯をお供えしているはず。さて、そこで見解が分かれるのは、あれを「食べるか」「捨てるか」ということです。さて、...

 
 

「ネットだと仏壇も激安で買える」というイメージが定着している一方で、「ネットで買うなんて、なんだか罰当たりなのでは」という不安感から購入をためらっている方も多いことでしょう。そこでここでは、仏壇をネットで買う場合のメリットやデメリット、注意点についてまとめました。さらに、オススメの通販ショップを2店セレクトしてご紹介します。実店舗で買うか、ネットで買うか。そもそも、この2つにそれほど大きな違いがあ...

 
 

かつては、「仏壇といえば和室!」というのが当たり前でしたが、最近はフローリングの部屋に配置するケースも増えています。その場合、祀り方やお手入れの面で注意すべき点はあるのでしょうか?まずは基本ルールをチェック!併せて、フローリング専用の仏壇でオススメの商品を2点セレクトしてご紹介します。仏壇=和室という概念はもはや古い!最近は、フローリングの洋間に合わせて作られたモダンな仏壇が大人気です。そこで気に...

 
 

仏壇のホコリを払う場合、どんな道具を使って、どんな手順で、どのくらいの頻度で行うのがベストなのでしょうか。これから初めて仏壇を購入する方のために、仏壇のホコリ取りについてレクチャーします。併せて、オススメのお掃除グッズを2点ご紹介!もしもみなさんのご自宅が、泥まみれ、ホコリまみれだったらどう思いますか?少なくとも、決して気持ちが良い状態ではありませんよね。それは仏様やご先祖様だって同じですよ。仏壇...

 
 

「仏壇をレンタルする」という発想は、今のところあまり一般的ではないようです。それは一体、ナゼなのか?何が問題なのかを考察してみました。さらに、これからレンタルのニーズが高まるとしたらそんな状況が想定されるのか、仏壇の未来性について想像を膨らませてみましょう!仏壇をレンタルで借りるということについて、みなさんはどう思われますか?「そんなことまでビジネスにするなんて、仏様に対して失礼だ!」というお怒り...

 
 

なんだかちょっと不思議な話ですが、ろうそくが仏壇からなくなるという現象があるそうです。事実、ネットの口コミを調べると、仏壇からろうそくがなくなる不思議については様々な書き込みがあります。なぜそんなことが起こるのか?その真偽と原因について考察してみました。そこに確かにあったはずのものがなくなる。なんとも不思議な現象ですよね。一体、仏壇のろうそくはどこに消えてしまうの!?仏壇のろうそくが忽然と消えた!...

 
 

子供の頃、仏壇のろうそくを吹き消すことについて叱られた経験はありませんか?一体、なぜ、仏壇のろうそくを吹き消すのはいけない行為とされているのでしょうか。ここでは、筆者の苦い失敗談を元に、その理由について解説!さらに、正しいマナーについても併せてご紹介しています。ケーキに立っているろうそくの火は吹き消してOK。でも、仏壇の火はダメ・・・って一体なんでなの!?仏壇のろうそく、吹き消して怒られた!幼少の...

 
 

仏壇用として、火を使わない電球タイプのろうそくを選ぶ方も増えています。そのメリットや、宗教的に問題がないのかどうかをまずはチェック!併せて、ネット通販で人気の電球タイプろうそくを2点ピックアップしてご紹介します。仏壇にも、新しい時代の風を吹き込んでみましょう!最近、訪問先の仏壇でよく見かける電球タイプのろうそく。実際のところ、使い勝手はどうなんでしょうか?電球タイプのろうそく。メリットは?電球タイ...

 
 

仏壇のろうそくの溶け方に意味があるってご存知でしたか!?どんなろうそくの溶け方だとどんな意味があるのか、一般的に言われている説の一部をご紹介します。仏壇という場所だけにオカルト的な解釈もあれば、「いやいや、単にこういう自然現象だよ」という科学的な見解もありますので、ご自身にとって腹落ちする説を信じれば良いと思います。気にしてチェックしていると、仏壇のろうそくの熔け方は日によって違いがある!それって...

 
 

一人暮らしの場合、「部屋が狭くて仏壇を置く場所がない!」という方も多いのでは?しかし最近は、家具の上にも置けるコンパクトなタイプの商品ラインナップも充実しています。そこでここでは、一人暮らしの家にオススメのコンパクト仏壇を3つピックアップしてオススメします。マンション住まいの方(※仏壇購入を考えている人限定)の半数以上が、仏壇を置くスぺースで頭を悩ませているという調査結果があります。限られた空間に...

 
 

仏壇のお手入れをしていたら、金箔が剥がれてしまった!という場合、自分でできる補修方法はあるのでしょうか?また、業者に補修を依頼する場合、どんな業者に頼めば良いのか、費用はいくらくらいかかるのか?併せて、金箔ができるだけ剥がれないようにするための仏壇のお手入れ法についても解説します。「ヤバいッ、仏壇の金箔が剥がれてきた(汗)」というケースは、決して珍しくはないそうです。それだけデリケートなものという...

 
 

仏壇は、世代が変わるとどのようにして継承されていくものなのでしょうか?何か儀式は必要なのか、それとも親が亡くなれば自然と子供の物になるのか・・・。もし、継承したくない場合はどうすれば良いの!?ここでは、そんな仏壇に関する疑問をあれこれ解決します!みなさんのご自宅の仏壇は、いったいいつからそこにあったのでしょうか?その長い(であろう)歴史を継承していくことができない場合はどうなっちゃうの?少子化が社...

 
 

今まで仏壇が無かったご家庭でも、身近な方が亡くなれば購入を検討することになるでしょう。その場合、適切な購入時期とはいつなのでしょうか?そもそも、仏壇を置くことにはどんな意味があるのでしょうか。ここでは、購入時期の目安に加えて、いまさら聞けない仏事の基本をレクチャーします!仏壇は、誰かが亡くなった時に買うもの。この考え方は、間違いではありませんが「100%正しい」とも言えない・・・ってご存知でしたか...

 
 

「仏壇がない場合は、四十九日法要までに用意すべき」という話を聞いたことはありませんか?それは一体ナゼなのか、そもそも四十九日法要とはどのような儀式なのか。経験がないと意外と知る機会のない仏壇の基本についてレクチャーします。人の死後は、お葬式をはじめとする様々な儀式(法要)が続きます。それって一体、どんな意味があるの!?四十九日って何?人の身体から抜けた魂は、すぐにあの世へ旅立つわけではありません。...

 
 

知人や親せきのお宅を訪問した際、仏壇に上げる線香のマナーで冷汗をかいた経験はありませんか?どんな手順で線香をあげれば良いのか(おりんを鳴らすより先?後?)、本数は何本か、どんな手順で火を付ければ良いのか、お供え物はどうすれば良いのか?仏事の知識に自信がない方のために、一般的な仏壇マナーをご紹介します。いざ「仏壇に線香をあげる」という状況になった時、仏壇の前で冷汗をかいた経験はありませんか?その動揺...

 
 

仏壇にはなぜ線香を上げるのでしょうか?調べてみたところ、一つではなく複数の意味が込められているようです。ここでは、意外と知らない「仏壇に線香をあげることの意味」をおさらい!知っているのと知らないのとでは、これからの人生が変わってしまうかもしれません。「仏壇に線香をあげる意味」を考えたことがありますか?普段、ルーチンに、義務的に行っている行為でも、掘り下げてみるとアッと驚くような面白い言われがあった...

 
 

「仏壇に線香をあげる」という作法は、やったことがないと恥をかくことが多いもの。そこで、社会人として最低限知っておくべき作法についておさらい!「お線香をあげさせてください」と言うところから始まって、仏壇の前に座り・・・と、一通りの流れを今一度チェックしてみましょう。仏壇に関することは、素人には疑問や謎がいっぱい!特に、「お線香をあげる」ということについての作法はしっかり身に着けておかないと恥ずかしい...

 
 

知人や親せきのお宅を訪問した際、仏壇にあげる線香の本数で迷ったことはありませんか!?正しくは、何本が正解なのか、宗派によって違いはあるのか、宗派がわからない場合はどうすれば良いのか・・・。仏壇の前で尻込みするのはかえって失礼!線香の本数に関する基本マナーについて、筆者の失敗談を元にアドバイスします。全く予備知識がないのに、いきなり「線香をあげる」という状況に立たされるのは困りますよね(笑)。社会人...

 
 

仏壇に置く線香立ては、どんなポイントで選べば良いのでしょうか?宗派によって形や素材にルールがあるようですが、デザイン性を追求して選ぶことは可能なの?ここでは、まず基本的な種類をおさらい!さらに、モダンな仏壇に合うオススメの線香立てをセレクトしてご紹介します。線香立てには色んな形や素材がありますが、一体どう使い分けられているのでしょうか。また、最近主流のモダン仏壇に合う線香立てってどんなの!?線香立...

 
 

仏壇にある前机とはどんな使い方をする仏具なのでしょうか?使い方や選び方に宗教的な決まり事があるのかどうか、基本的なルールについてまとめました。さらに、個人的にオススメの仏壇用前机を2点ピックアップしてご紹介します!仏壇って、いろんな仏具がひしめき合っていてなんだかよくわからない・・・?中でもひときわ目立つ、金ピカのアノ机ってどんな役割があるんでしょうか?仏壇の前机はどう使うのが正解?実家に仏壇がな...

 
 

仏壇の塗装が剥がれてきた!・・・という場合、塗り替えることは可能なのでしょうか?宗教的に問題があるのかないのか、自分で修復するのは可能なのか、意外と知らないルールをおさらいしましょう。さらに、業者に仏壇の塗り替えを依頼する場合はどのくらいの費用が発生するのか、相場についてリサーチしました。塗装がはがれた仏壇・・・なんだかみすぼらしい!それでは故人だって浮かばれません。でも、仏壇って気軽に塗り変えて...

 
 

夫側と妻側。一家に仏壇を二つ置かなければいけないという状況にあるご家庭も珍しくないはずです。それは果たして、宗教的にOKなのでしょうか?また、その場合、配置や法事の上でどんな点に気を付けなければいけないのか。仏壇を二つ置く場合の注意点をレクチャーします。昨今の家族構成事情では、一家に仏壇を二つ置かなければいけないというケースも珍しくはないはず。もっと合理的にできないの!?一家に仏壇二つって珍しくな...

 
 

仏壇を置く場所に決まりはあるのでしょうか。例えば二階がある場合は家の中のどこがベストな場所?その理由って、一体どんなことなのでしょうか?また、間取りの都合でどうしても理想通りにいかない場合はどう対処すれば良いのか。ここでは、二階がある場合の仏壇の置き場所ルールについてレクチャーします!仏壇を置く場所は、そのご家庭の事情によって様々。ですが、知らずにいると仏様に失礼になる置き場所があることを覚えてお...

 
 

一般的に、みなさんはどんな時に仏壇の買い替えを検討するのでしょうか。ここでは、意外と知らない仏壇のルールに注目!さらに、買い替えの時に注意したいポイント(古いほうの処分方法や必要な法要、そして費用など)についてまとめました。そもそも仏壇って、定期的に買い替えが必要なものなのでしょうか?みなさんのご自宅の仏壇は、いったいいつからそこにあるの!?仏壇はいつ買い替えるべき?家はだいたい30年もすれば老朽...

 
 

古い仏壇を処分して、新しく買い替えをしたい!そうお考えの方も多いと思いますが、気になるのは処分方法です。仏壇というのは、買取りしてもらったりすることはできるのでしょうか?また、気になる買取りの相場価格は?仏壇を買取ってもらう・・・ってなんだか罰が当たりそうな気がしませんか!?そもそも中古の仏壇なんて市場価値はあるの?仏壇を買取ってもらうって可能なの?仏壇は先祖代々、引き継がれていくものだと聞いたこ...

 
 

現代の住宅事情に合わせて、最近は薄型の仏壇が大人気!薄型の仏壇にはどんな商品があって、どんなデザインが人気なのか?ここでは、オススメ商品を楽天市場の中から3点ピックアップしてご紹介!どれも、現代的なインテリアに馴染むものばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。大きさ、薄さ、素材、デザイン・・・。最近は、仏壇界にも大きな変化の波が押し寄せているようです!!こんなのアリ!?ステンレスタイプのお仏...

 
 

仏壇のある部屋で寝るのは縁起が良くないのでしょうか?怖い体験をすることが多いってホントなの!?まずは一般的にどう考えられているのかをリサーチ!さらに、仏壇のある部屋で寝る場合の注意点(枕の向きや心がけ)について解説します。仏壇は、いわば仏様やご先祖様が住む家のようなもの。そんな神聖な物がある部屋に布団を敷いて寝るのは、いささか無礼な気がしますが・・・実際のところはどうなのでしょうか。仏壇のある部屋...

 
 

仏壇の部屋移動をする場合、素人が自分たちの手で運んでしまっても問題はないのでしょうか?また、業者に依頼するのであればかかる費用はどのくらい?さらに、なにか特別な儀式は必要なの?ここでは、仏壇の部屋移動に関する疑問のあれこれを解決します!仏壇のレイアウト変更は、仏様やご先祖様にとっても良い気分転換になるのでは?・・・というのは素人の勝手な思い込みでしょうか(笑)?部屋移動で気を付けるべきポイントって...

 
 

正直、仏壇を持つのが面倒くさい。そう思っている方も少なくないはずです。そのような方のために、「仏壇を持たない選択肢」について注目してみました。一体、どんな方法でご先祖様を供養すれば良いのか、また、その場合にかかる費用はどのくらいになるのか。面倒だと思いながら管理するよりもポジティブな方法かもしれません!思った以上に手間と時間とお金がかかる仏壇管理。いっそ手放してしまったらどうだろう・・・と考えてい...

 
 

建て替えや引越しなどで一時的に仏壇の預かりをお願いすることは可能なのでしょうか?他の家具とは違った特性を持つ物だけに、一時預かりをお願いするにもハードルが高そうに思えますが、実は意外と簡単!?仏壇の預け先や費用、保証体制についてリサーチしました。物置に入れておくのはなんだか罰当たりな気がするし、かといって仮住まいのアパートにも置けるスぺースがない(涙)。そんな時、仏壇を一時的に預かってくれる場所っ...