線香 意味

MENU

線香はなぜ供えるの?深い意味がある煙の意味

線香が仏事に欠かせないのは、昔から伝わる意味があるから。

 

浄土への案内とか様々な意味が伝わっているのです。

 

このような線香はもはや日本の伝統の一つ、大切に次世代へと伝えたいものですね。

 

仏教の伝来にさかのぼる香の歴史

仏教が伝来したのは西暦538年。

 

百済の聖明王が伝えたなんて、学校で習った記憶がありますね。

 

仏像や経典と共に、仏事に欠かせないものとして献上されたのが香。

 

空間を清浄にする、神秘性を演出する。

 

そんな目的で使用された香は、仏教に限らず、宮中や貴人の部屋、着物の香り付けに用いられるようになりました。

 

後に香をかぎ分けるという、香道なる遊びに発展するほど一般的な存在となった香。

 

これに利便性を与えたのが、中国の明から伝えられた線香。

 

鎌倉後期のことといわれています。

 

様々に意味づけされる、線香

一般に線香が広まり、仏事に盛んに用いられるようになると、線香の煙には意味があるといわれるようになります。

 

故人の魂を極楽浄土へ導くため、通夜には、故人の枕元に1本だけ線香を立てるべし。

 

地方や宗派によっては、こんな慣わしがあるのですが、これは線香の煙が道案内の意味があると考えられていたためです。

 

また、故人との意思疎通をおこなうために線香をたく。

 

こんな意味を持たせることもあるようです。

 

ですから、仏壇や墓に線香を供えるのですね。

 

また、故人の魂が極楽浄土へ導かれるには49日間かかるというのですが、その間に故人が食べるものが線香の煙である。

 

こんな意味があると考える場合もあります。

 

これは、ある経典の「善行を積んだ故人は、良い香りを口にする」という一説を解釈したもの。

 

ですから、49日の間は線香を絶やさないという風習が残っている地域もあるのです。

 

線香が使われるようになった由来は?

線香が使われるようになったのは、もっと現実的な意味があったという説もあります。

 

現在、人が亡くなると腐敗や腐臭を防ぐために、手早くドライアイスなどを用いて処置します。

 

しかし、そんな物がなかった時代、腐敗や腐臭を防ぐためにも線香をたいたというのです。

 

また、古代のインドで釈尊が教えを各地で説いていたといわれるのですが、そんな場は農作業も終わった夜でした。

 

立派な建物もない、普通の農村で布教を行っていたのですから、狭い空間にひしめくように人が集まっていたのでしょう。

 

衛生事情も良くない時代ですから、結構な体臭がしたはずです。

 

加えて電気などもありませんから、その場を明るくする照明も必要だったでしょう。

 

そこで、人々は香とろうそくを手に集まるようになったとか。

 

それが、転じて仏教の行事には線香やろうそくが欠かせなくなったともいうのです。

 

このように、様々な意味があるといわれる線香。

 

現代でもやはり、仏事には欠かせないものです。

 

一つの伝統と考えて、大切に伝えていきたいものですね。

線香を供える本数は、宗派や地方で大きく異なります

宗派ごとに仏事に供える線香の本数は、ある程度は決まっているものですが、絶対にこの本数でないといけないというものではありません。

 

線香の供え方は年長者に従う、その程度の柔軟さは必要になってきます。

 

通夜のときの線香の本数も異なるもの

故人を極楽浄土を導くもの。

 

線香の煙にそのような意味を持たせて、通夜の間に立てる線香、その本数は1本だけ。

 

それも枕元に立てるもの、そんな慣わしがあるといいます。

 

その一方で、通夜には線香を絶やしてはならないが本数にはこだわらない。

 

または、絶やさないことが大切だからと、蚊取り線香のような渦巻状の長い線香を用いる宗派もあるのです。

 

このように、宗派によって地域によって、仏事に用いる線香の本数は様々。

 

以下には宗派によって用いる線香の本数をあげておきます。

 

ただ、同じ宗派でも地域で大きく異なることもありますから、絶対ではありません。

 

一応の参考としてください。

 

宗派ごとに異なる線香の本数

平安時代に伝わり、今も古くから伝わる様式を伝える真言宗や天台宗。

 

これらの宗派で用いる線香の本数は3本。

 

香炉の中で正三角形を形作るように立てて1つの角を自分側に、残りの角を仏壇側に向けます。

 

時代が下って、鎌倉時代に広まった禅宗。

 

代表的な宗派である臨済宗と曹洞宗になると、選考の本数は1本だけ。

 

香炉の中央に立てます。

 

これと、同じような線香の供え方をするのが、日蓮宗。

 

こちらの宗派も線香の本数は1本だけとなっているのです。

 

同じく鎌倉時代に起こった宗派である浄土宗。

 

こちらの線香の本数は1~2本、香炉の中央に立てるところまでは同じです。

 

これが、浄土真宗になるといささか変わってきて、用いる線香の本数は1~2本なのですが、立てることはしません。

 

2つに折って香炉に寝かせて使います。

 

しかし、地方性が豊かな上に、さらに細分化されているのが浄土真宗の特徴。

 

線香の本数も3本程度、3等分にして、香炉に「Z」を描くように並べて、順に火がつくようにしたりもするのです。

 

より細分化しているお墓での供え方

さて、宗派によって仏壇に供える線香の本数は様々なのですが、もっと異なってくるのがお墓に供える線香の本数。

 

これは地方色が色濃く出るようで、お墓用の線香立てにも様々なものがあります。

 

例えば、1束丸まる立てることができるようなもの。

 

1束を数本ずつ分けて立てることができるように、蜂の巣状に穴が開いているもの。

 

2、3本の本数の線香を立てるのが適当な太さの線香立て。

 

これは、宗派によるというよりも色濃いのが地方色。

 

その地方で売られている線香立ての形状によるようです。

 

さて、仏壇にしてもお墓にしても、宗派や地方よりも優先すべきは、その家々のやり方。

 

年長者がおこなう様子を真似るというのが一番問題を生まないもの。

  • ○○宗だからこの方法、

とか

  • 家がこれだったからこの本数

といったやりかたでは、不要な摩擦の原因とないます。

 

郷に入りては郷に従え。

 

なかなかウンチクがある言葉ですね。

お仏壇の総合情報

スポンサーリンク


↓の記事も読むと、お線香のマナーについて更に詳しく知れます。

 

ステンレス製の線香立ての特徴について。線香立ては見られていないようでいて意外とチェックされているポイントです。線香立てには様々なデザインのものがありますが、今回はステンレス製のものに注目!陶器製と比較してどんな特長があるのか、また価格の相場はどのくらいなのか?ステンレスのメリットやデメリットについてまとめてみました。人の服装をチェックするように、訪問先で仏壇や仏具のグレードを見ている人って意外と多...

 
 

ミニタイプの線香立ての特徴や、失敗のない選び方について考えてみました。仏壇といえばコンパクトサイズのモダン仏壇が主流の昨今。合わせる線香立てもミニサイズということになりますが、何をもって「ミニ」というのか?標準的な線香立てのサイズと比較した場合のサイズ感、デザインの特徴などについてまとめてみました。仏壇の線香立ては、訪問客の視界に入りやすいアイテム。意外と常識やセンスを判断されるポイントだったりし...

 
 

訪問先で線香の消し方に戸惑ったことはありませんか?なにげなくやっている作法の一つ一つにあなたの育ちや常識の有無が表れます。社会人としての常識を疑われないようにするためにも、線香の正しい消し方をマスターしておきたいものです。ろうそくで線香に火をつけると、ボワッと火と煙が出て焦ってしまうことがあります。そんな時は、まずは冷静に。動作の一つ一つを見られていることを意識しましょう!線香の消し方には“育ち”...

 
 

線香アレルギーの原因や主な症状について、私自身もアレルギー体質なので気になり調べました。原因不明の不調に悩まされているなら、それはもしかしたら仏壇にあげているお線香に反応したアレルギー症状かもしれません。どんな成分に反応してアレルギーを発症してしまうのか、また予防するために知っておきたい線香の選び方のポイントを3つにまとめました。様々な化学物質に囲まれて暮らしている時代ですから、いつ、どんなアレル...

 
 

線香が売ってる場所や銘柄選びに役立つプチ知識をまとめてみました。どんな物でも気軽に手に入れられる時代。線香を売ってる場所を探すのも、決して大変なことでではありません。しかし、香りは亡くなった方の栄養になるという説もありますので、その辺で急いで買ったものを上げるのはなんだか罰当たりな気もしますよね。線香の選び方一つにも供養の心をこめることが故人の成仏につながるのです。お仏壇のある生活に慣れていないと...

 
 

線香を燃やしていると、線香立ての灰が汚れてきたり、固まったりしてしまうもの。実はこの灰、燃えカスを取り除くなど手入れが必要なのです。また線香立てに灰が少なくなったら、購入しなくてはならないもの。近年は新しいタイプも人気です。線香立ての灰には手入れが必要です線香立てには、日々の線香を燃やした灰が残っていきます。これを続けていくと、見た目が悪いとか線香が立ちづらくなってきたとか、色々と問題が起こるもの...

 
 

昔ながらのタイプも販売されいる一方で、仏壇用の線香立てにもトレンドはあるようです。雑貨店が似合うようなオシャレなタイプの線香立てが仏壇用としても需要があるみたい。他には線香を燃やさないというタイプもあり、時代を感じさせるものとなっています。近年の仏壇用線香立てのトレンドとはアマゾンで調べてみると、1,000円ちょっとのものから、50万円を超えるものまで。仏壇用の線香立てといっても、その価格の幅は非...

 
 

巨大なペット市場です、それだけに思わぬものも販売されていますが、線香立てもその一つ。カワイイ色合いのいかにもペット用のものから、コンパクトに作られているだけで人間用と変わらないものまで。様々な線香立てが販売されているのです。巨大なペット市場だけに仏具も豊富電車内の風景をすっかり変えたスマホ、みんな一心に小さな画面に見入る様は日常風景となりました。それだけ、みんなが夢中になっているモバイルコンテンツ...

 
 

アロマオイルの香りの高価が注目されるのと同様に、線香の香りも効果で選ばれる、そんな時代になっています。線香も時代に合わせなければ生き残れない。ただ伝統だから受け継がれるというよりも、時代にマッチするから受け継がれる方が自然というものです。そもそも線香の由来とは?農作業が一段落した夜に、狭い部屋に大勢の人が集まって、ありがたいお話を聞く。これが原始的な仏教の様子、と想像されています。当時は充分な照明...

 
 

京都に本店がある鳩居堂といえば、線香を始めとして様々な香を取り扱う名店。それだけに、贈答用の商品も豊富です。本店や銀座店まで足を運ばずとも、有名百貨店で鳩居堂の線香が買えてしまうのも時代の流れ。贈答用として、どこに出しても恥ずかしくない一品です。日本一の地価の土地に出店するのは?毎年、固定資産税の目安となる路線価が発表されますが、日本一の路線価となっているのはどこでしょうか。銀座三越前は非常に有名...

 
 

特に使用期限がもうけられていないのが線香ではありますが、長期間の保管の状態では湿気たり、曲がったりして、火がつきにくくなったりします。使用期限がない線香といえど、湿度の高い場所や直射日光を避けて保管するぐらいの気遣いは必要です。天下第一の香木、蘭奢待の場合天下第一、そんな風に崇め奉られる香木があります。「蘭奢待(らんじゃたい)」、正倉院に収められているそれは、全長1.5メートル、重量は11キロ強と...

 
 

線香の匂いに空気清浄機は効かないとか、効いたとしても空気清浄機に匂いが移るとか。ならば、線香の匂いが弱いものを利用するとか、良い香りのものを用意するとかの工夫が必要です。たまにしか使わない線香だけに、少しリッチにするというのもいい手なのです。昔の貴人が炊いていたのは、線香ではない?!源氏物語などには、香を焚きしめた衣類を身につけた、貴人のエピソードが出てきます。この話を聞いて「まあ、ステキ」と考え...

 
 

臭くない、そんなふれこみで最近は様々な香りの線香が販売されています。それでも匂いが気になるならば、もっと高価な線香を購入してみるという手もあります。高価と言っても2千円ぐらいで、こちらのお線香は買えてしまいます。天然成分が主の線香は臭くない、そんな評判も聞きます。線香の匂いが苦手な人は?線香の匂いは、拷問に等しい、そんなショッキングな声を耳にしました。これを聞いたのは、ご主人のご両親と同居している...

 
 

いったん臭いが染み付いてしまったら、線香の臭い消しは非常に困難。臭い消しに躍起になるよりも、その前に臭いが出ない方法を考えるべきでしょう。例えば、煙の少ないタイプの線香を選んだり、使った後には換気をしたりといった方法が、良さそうなのです。臭いが残らないように工夫する線香の臭いが好きなれない、こんな場合は何とかして臭いを消したくなるのです。線香をたいてすぐ、こんな場合ならば匂い消しに一番有効なのが換...

 
 

線香の煙が体調不良を引き起こす、そんな研究結果が報告されています。ですから、煙が少ない線香の需要は高いもの。中には煙が少ないどころか、煙が出ないことをセールスポイントにしている線香もあるのです。線香の焚き方も要注意ですね。線香の煙が体調不良を引き起こす?!住宅は気密性が高いものが第一、このようにいわれるようになって、ずいぶん経ちました。マンション、そして一戸建てでも気密性が高いものが良い、となると...

 
 

みなさんは、正しい線香の作法を知っていますか?普段はあまり機会がないかもしれませんが、イザという時にその常識や“育ち”が試されます。ぜひ、社会人になったタイミングで線香の正しい作法を身に着けておきましょう。笑われるような失敗をやらかす前に!イイ女、イイ男であるための条件の一つは、社会的なマナーをしっかり身に着けていること。例えば、仏事での作法がスマートだと、周りからの評価もUPするかも?「常識」は...

 
 

お客さんが来ると、「まずは仏壇にご挨拶を・・・。」という流れになるケースが多いですよね。その時、線香が差しにくかったら?なんだか灰が汚れて黒ずんでいたら?「だらしない人」のレッテルを貼られてしまうかもしれませんし、なにより仏様に失礼!仏壇まわりはこまめに掃除しておくことをオススメします。今回は線香立てのお掃除方法についてチェックしていきましょう!仏壇の状態は、意外とチェックされていますよ。家の中で...

 
 

訪問先で、突然、お線香をあげなければいけない状況になってしまった。そんな時、みなさんはスマートな作法でクリアできるでしょうか?意外とご存知ない方も多いのですが、線香の立て方は宗派によって異なります。どの宗派がどんな立て方なのか?常識として身に着けておくべき基本をチェック!仏壇を前にした時の所作で、その人の育ちや教養がわかってしまうと言っても過言ではありません。今回注目するのは、ズバリ、お線香の立て...

 
 

線香に火を点けるために、まずはろうそくに火を灯して・・・というのが伝統的なスタイルですが、安全上ちょっと不安な側面もありますよね。そこで登場したのが、便利な電池式の着火器!ろうそく要らずで、線香に直接着火できるという点が人気を呼んでいます。実際の使い心地はどうなんでしょうか?火には「邪気」を燃やす作用があります。ろうそくに火を灯すことには、空間の「邪」を清めるという意味もあるわけですが、そうはいっ...

 
 

お線香には普通タイプと長時間タイプがあるってご存知でしたか?一見、蚊取り線香のようにも見える長時間タイプですが、仏教的にはいろんな意味があるんです。一体、ナゼ、長くもたせる必要があるの?祖母に「線香買ってきて」と頼まれてスーパーへ。でも・・・種類があり過ぎてどれを買えば良いのかわからないんですけど!・・・なんて迷った経験はありませんか?今回は、選び分けのポイントとして「形状」や「燃焼時間」に注目し...

 
 

法事で知人や親戚のお宅を訪問する時、例えば「線香の詰め合わせ」を持参するというのはどうでしょうか。それは相手に対して失礼なのか、もらったほうはどう受け止めるのか?今回は仏壇に関する贈り物のルールや、お線香の詰め合わせを選ぶ場合の注意点について調べてみました。仏壇があれば基本的には毎日使うものだからこそ、線香の詰め合わせをもらったら嬉しいのではないか?・・・仏壇がない人の立場からするとそんな風に気を...

 
 

仏事については、「えっ、そうなの?」と驚かされる決まり事があったりするもの。通夜の線香についても、ちょっとしたルールがあるそうで・・・。なぜそのようなルールがあるのか?また、どんな線香がお通夜に適しているのか。筆者の経験を踏まえて書いてみます。通夜は、亡くなった方と過ごせる最後の夜。だからこそ、静かに、穏やかにお別れをかみしめたいものです。でも、ちょっとやっかいな“当番”をしなければならないってご...

 
 

仏事などでよその家を訪問する際、迷いに迷うのが手土産。一体、何を持っていけば喜ばれるのか。大事なのは、相手の立場になって考えてみることです。仏壇があるお宅だと線香を持参する方も多いようですが、それは本当に適切な選択なのでしょうか。今回は手土産として線香を持参することの是非について考えてみます。もらえるものは基本的になんでも嬉しいですが、あっても使わないものだとかえって迷惑だったりしますよね。「なん...

 
 

日本で本格的に仏教が学ばれるようになったのは、都が奈良にあった頃。お線香は仏教と深く結びついているものだからこそ、「特別な時に使うお線香は奈良にちなんだもので!」というニーズもあるようです。今回は、ネットショップで購入可能な特別感のある一品をピックアップしてみました!「死者の食べ物」とも「空間を浄化するもの」とも言われるお線香の香り。いずれにしても、仏壇周りには欠かせないアイテムであることに違いは...

 
 

お線香選びは想像以上に難しいもの。素材やブレンドで幾通りもの香りがあり、「これぞ!」と思う香りにはなかなか出会えません。ですが、名古屋の「香源」さんなら迷った時に相談できる専門家がいますので、探し求めていた理想のお線香を見つけられるかも!?今回は、名古屋「香源」さんのオススメポイントをまとめてみました。理想の香りに出逢いたい!香りについて学びたい!でもって、自分だけのお線香を作りたい!!・・・そん...

 
 

仏壇があるお宅では、基本的には毎日お線香をあげることになりますよね。そうすると、日々、燃えカスやゴミが溜まっていく・・・。こまめに「灰ならし」をしないと、灰が固まって線香が立ちにくくなってしまいます。これって火災の原因になるかもしれませんよね!?そこで今回は、ネットで人気の灰ならしグッズをセレクトしました!仏壇まわりには、そのお宅の「美意識」が表れてしまうもの。お客様の目につきやすい部分だからこそ...