仏壇 宗派

MENU

宗派別お仏壇・仏具の選び方

日本で仏教と呼ばれる宗派には複数あります。

  • 浄土真宗、
  • 真宗大谷派、
  • 浄土宗、
  • 曹洞宗、
  • 真言宗、
  • 日蓮宗、
  • 法華宗、
  • 天台宗、
  • 臨済宗

などです。

 

またそれらの宗派から枝分かれもしていますから相当ありますね。

 

しかし仏教は、元々はインドの釈迦が創始した宗教です。

 

そして多くの仏教を慕う僧たちが、命懸けで中国に渡り、様々な形で日本に伝えたのです。

 

現在の日本で仏教が色濃く残っているのが、葬儀にまつわる仏事ですね。

 

仏壇もその一つです。

 

宗派によって、ご本尊、仏壇、飾り方、入門の作法が違い、仏壇の中の配置も異なります。

 

ネットの写真資料などをご覧になるとその違いがよく分かりますよ。

 

仏壇は、宗派によりご本尊や飾り方は異なりますが、仏壇自体は各家庭の事情に合わせたものを選べばいいので、とくに気にする必要はありません。

 

最近では現代モダン仏壇や家具調仏壇など、おしゃれでモダンなものがたくさんあります。

 

でも、どんな仏壇でも宗派のマナーに反することはないので、心配は要りません。

 

各宗派によって、仏具の配置などが若干違う場合があります。

 

一般的な配置を以下にご紹介します。

お仏壇の総合情報

スポンサーリンク


合わせて読みたい 「宗派別お仏壇・仏具の選び方」記事

 

真宗すなわち浄土真宗は、仏教が庶民にまで浸透していった鎌倉時代に、親鸞によって開かれました。親鸞は、先に浄土宗を開いた法然に学びました。阿弥陀如来に帰依すると決めた者は、その時点から誰でも仏になれると説きました。親鸞の死後、教団には紆余曲折があり、分派されましたが、織田信長の本願寺攻略の後、西本願寺と東本願寺に分かれ現在に至りました。浄土宗と同じく「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えます。ここでは東本...

 
 

天台宗は、平安時代に仏教を学ぶため、遣唐使として唐(中国)に渡った僧、最澄が開いた、真言宗と並び日本を代表する仏教の宗派です。滋賀県の比叡山、延暦寺を総本山とします。法華経こそ仏陀の教えであると説いています。天台宗のご本尊は釈迦如来もしくは阿弥陀如来の場合もあります。分派によっては、薬師如来、観世音菩薩、不動明王、毘沙門天の場合もあります。天台宗の仏壇の飾り方は、ご本尊を中央にお祀りし、右の脇掛に...

 
 

日蓮宗は、広く一般庶民にまで仏教が伝わった鎌倉時代に、日蓮によって開かれました。法華経こそお釈迦様の唯一の経典であると説いています。浄土宗や浄土真宗が「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えるのに対し、こちらは「南無妙法蓮華経」というお題目を唱えます。これを唱えることで、仏の救いを得られるという教えです。日蓮宗の仏壇本体には決まりはありませんが、中の配置には決まりがあります。先ず、ご本尊には十界曼荼羅、釈...

 
 

浄土宗は、仏教が広く一般庶民にまで伝わった鎌倉時代に出てきた宗派です。仏の教えを分かりやすく説いて、仏教を下級の武士たちや、それまで仏教とは無縁だった民衆にまで伝えました。その一つである浄土宗は、「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えれば、誰でも極楽浄土に往生できるという教えで、法然によって伝えられました。浄土宗の仏壇本体には特に決まりはありませんが、中のご本尊や仏具の配置には決まりがあります。先ずご本...

 
 

真言宗は、平安時代に遣唐使として唐(中国)に渡った空海が創設した、天台宗と並ぶ日本で最も古い宗派です。和歌山県の高野山にある金剛峰寺が総本山です。真言宗の仏壇にも分派により、飾り方などの決まりがあります。真言宗の仏壇の中はご本尊として、中央に大日如来を祀ります。また脇侍といって、右に弘法大師(空海)の影像、左に不動明王の影像をおかけします。しかし、これはほんの一例で、真言宗は分派が多いので、地域に...